ほうれい線が出来る原因とほうれい線の予防方法

見た目年齢に差が出るほうれい線

美容外科での治療

目元を引っ張る

美容外科でほうれい線を治療する方法は、特別に加工した糸を使用したリフトアップと呼ばれる方法と、レーザーを照射する方法の2つです。
どちらの方法もほうれい線の改善に非常に効果のある方法なので、自分が受けたい治療方法を決め、医師と相談して治療をしましょう。

詳細を確認する

改善するためのコツ

鏡を見る女性

ほうれい線は、市販のサプリメントや基礎化粧品を使用して改善することが可能です。両方とも薬局やドラッグストアで購入することができるので、すぐに手に入れることができます。
ほうれい線の改善方法は沢山あるので、自分にあった改善方法を見つけましょう。

詳細を確認する

ほうれい線とは

ショートヘアの女性

顔の口の上部分に出来るシワのことをほうれい線と呼びます。
ほうれい線ができてしまうと、年をとっているように見られるので、改善したいとい思っている人は沢山存在します。
ほうれい線ができると、5歳は老けて見えるといわれ、見た目的に老けて見られるので、特に女性はほうれい線が気になる人が多いです。
しかし、ほうれい線を消すことで若々しく見えます。
ほうれい線は、適切な処置を行なうことで必ず改善することができるので、ほうれい線を消し、若々しい見た目を取り戻しましょう。

ほうれい線ができる大きな原因は、肌がたるみ、シワができることです。
肌のたるみの原因は、老化や紫外線など多くの原因があり、原因に合わせた対策をすることでほうれい線を改善することができます。
人の顔には表情筋という筋肉がありますが、その筋肉は年とともに徐々に衰えてきます。
その衰えた筋肉が肌のたるみを引き起こし、ほうれい線の大きな原因になります。
そのため、ほうれい線を治す一番の方法は、肌のたるみを取り除くことです。

表情筋の衰え以外にも、紫外線によるダメージで顔にシワができる場合があります。
なぜ紫外線を浴びることでシワができるかというと、紫外線により、肌の弾力を保つ成分が失われてしまうからです。
人間の肌の弾力を保っているのは、コラーゲンという物質です。
紫外線は、このコラーゲンを破壊するので、肌の弾力が徐々に落ちていき、肌がたるんでいってしまうのです。
コラーゲンは、人間の体内で生成することができますが、紫外線はその生成能力を衰えさせます。
そのため、肌にコラーゲンが不足して、たるみの原因になるのです。

また、他にも、肌がたるむ原因があります。
それは、無理なダイエットを行なった場合です。
適度なダイエットを行なうと、身体の代謝能力が上がり、肌も綺麗になりますが、無理なダイエットを行った場合、代謝が落ちてしまい、肌がたるんでしまうのです。
また、短期間で急激に体重を落とすダイエットも肌のたるみを引き起こす原因になります。
急激なダイエットによる脂肪の燃焼に、皮膚が追いつかず、たるみがおきてしまうのです。
そのため、ほうれい線を効果的に改善するためには、紫外線から肌を守り、体調管理をしっかりして、肌の健康を守ることが大切なのです。

Copyright(c) 2014 ほうれい線が出来る原因とほうれい線の予防方法. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com